東京都勤労者山岳連盟所属「町田グラウス山の会」は、山に関するオールラウンドな活動をしています

会報誌 雷鳥

会報である「雷鳥」の名前は町田グラウス(雷鳥)山の会に由来しています。

会報を発行しているのは、会員の活動記録と諸事項の周知、会員相互の親睦と交流を促進させるためです。 そしてそれを継続的に定期発行(月刊)するために会報委員会が設置されています。

会報の制作は外部への依頼ではなく、会報委員が取材、編集、校正、用紙の手配、印刷、製本を手分けして 行っており、会員の手で刊行されています。 今年の2月で早くも368号となり、30年以上継続してきました。 100、200、300号の節目には記念号も刊行しています。

「雷鳥」は、会員に配布するだけでなく、関連機関や懇意にする山の会、町田市の公民館、山の用品店等に 配布しています。町田の好日山荘でもご覧いただけます。

※雷鳥300号記念として発行した「私の忘れられない山」は、山の専門誌「岳人」の会報ノート欄で 紹介されました。

2016年度 発行誌見本