東京都勤労者山岳連盟所属「町田グラウス山の会」は, 山に関するオールラウンドな活動をしています

ハイライト

入会を希望される方へのお願い

入会を希望される方は定例会の見学と「入会説明会」に必ず参加いただき, 会のしくみ等をよく理解した後に入会をご検討ください。

2019年度入会説明会予定(会場は町田市民フォーラム等)

第1回
2019年5月28日(火)19:00〜21:30頃
第2回
2019年9月19日(木)19:00〜21:30頃
第3回
2020年1月15日(水)19:00〜21:30頃
入会案内のページへ

【会員向け】2019年ハイキングセルフレスキュー・ビバーク訓練講習会

ツェルトをはる練習

「入会してツェルトは購入したけど,実際に張ったことはない…張れるかどうか分からない」 「グラウス3点セット(補助ロープ・スリング・カラビナ)は持っているけど, 使い方は分からない」 「古い登山靴の靴底がはがれてしまった」山でのトラブルは他人ごとではありません。 実際にはどうしたらいいのか? シミュレーションを交えて対応法を訓練しておきましょう。 初めてのかたも,ベテランのかたも,何度も受講して身につけておきたいです。

詳細な案内と申込書はこちらをクリック!(PDF が開きます)
日時
7月6日(土)集合9:00,7日(日)7:00解散(小雨決行・大雨中止)
場所
西丹沢・大石キャンプ場(新松田駅7:30「西丹沢ビジターセンター」行バスで「箒沢公園橋」下車
講師
650野神五郎さん
費用
テン場代:1人600円(うち個人負担300円,会からの補助300円)
内容
レスキューの基本技術:登山靴のトラブル防止,スリング・ロープの使い方と結び方
事故発生時の対応;事故者へのアクセス&キャッチ,搬出・搬送・移動
ビバーク:ツェルトの張り方,たき火,非常食を食べる,ツェルトでの快適な過ごし方
持ち物
補助ロープ(6mm×10m),スリング(120&60),環付カラビナ・カラビナ各1,ツェルト
ダブルストック,食料(7/6昼・夕,7/7朝など)ほか(参加希望者には追って詳細をお伝えします)
定員
20名程度

セルフレスキューのみの日帰り可,ビバーク体験後翌日に朝帰りも可です。

お問い合わせ・申し込みは534堤までメールで

2019年 公開実践登山教室の受講者募集

実践登山教室の様子

ハイキング等の日帰り登山をすでに楽しんでいる方が, さらにジャンルを広げ,縦走やテント泊山行を安全にたのしむための 知識と技術を学ぶ「公開実践登山教室」を開催します。 ハイキング等をすでに楽しまれている20歳以上65歳以下の健康な方なら 誰でも参加できます。 地形図とコンパスの使い方を学びたい方,テント泊山行に興味のある方, 安全登山のための技術を実践的に身に着けたい方等, 新たな一歩上の山の世界を安全にたのしむため,レベルアップを図りませんか。

詳細な案内と申込書はこちらをクリック!(PDF が開きます)
日時
6月6日(木)開講式・机上講習1(登山の装備・歩き方など)
6月9日(日)実践山行1「丹沢・大倉尾根」(疲れない合理的な歩行技術)
6月13日(木)机上講習2(地形図とコンパス)
6月16日(日)実践山行2「西丹沢・権現山」(地形図とコンパスを駆使する)
6月22日(土)実技講習1「湯河原・幕岩」(ハイカーのための岩稜歩行技術)
6月27日(木)机上講習3(テント泊装備・1拍の山行計画・食料計画)
6月29日(土)実技講習2「山の救急法」(山での応急処置:会場は町田市民フォーラム)
7月6日(土)実技講習3「西丹沢」(ハイキングセルフレスキュー技術)
7月13日(土)~7月14日(日)実践山行3「鳳凰三山(予定)」(テント泊山行)
受講料
10000円(基本的には全講習を受講してもらいますが,一部の講習しか受けられない方は個別にご相談ください)
受講条件
原則として20歳以上・65歳以下の健康な方・ハイキング等の山登りをすでにたのしまれている方
募集人員
5名程度
その他
実技講習や実践山行に必要な装備は,基本的に個人で用意してもらいます。
実践山行時の交通費等は別途個人負担になります。
お問い合わせ・申し込みはメールでどうぞ。折り返し参加申込書の書式をお送りします。

メールアドレスmachida.grouse.alpine.club@gmail.com

山の救急法のお誘い

救急法実習の様子

ハイキングや登山など,山の中で事故にあった場合,すぐに救助隊や救助ヘリなどが来られない 場合が多くあります。 その時,自分たちでできる応急処置の基本的な知識や技術を知っておくことが必要になります。 山の中での応急処置と救急法の基本を講義と実習を通じて学びます。 詳細な案内と申込書はこちらをクリック!(PDF が開きます)

日時
6月29日(土)9:30〜17:00
場所
町田市民フォーラム3階和室
講師
藤桝 啓志氏(メディック・ファーストエイド BasicPlusインストラクター)
内容
山の中での応急措置・救急法(講義と実習)…危険予知,アプローチ,感染防御,傷の洗浄, 出血量の認知,止血法,頚椎保護,ログリフト,ログロール,体位変換,異物除去, 低体温症,心肺蘇生,三角巾の利用法,固定法(サムスプリントの利用),救急法シミュレーション
定員
10名程度
参加費
500円
持参品
筆記具,三角巾
服装
講習は実技中心となりますので,動きやすい服装でご参加ください。
締切
6月14日(金)定員になり次第締め切ります。
お問い合わせはメールでどうぞ

メールアドレスmachida.grouse.alpine.club@gmail.com

お知らせ

2019/5/27
7月の定例会は,7月16日(火)19時より町田市の健康福祉会館で開催されます。
2019/5/27
【会員向け】2019年ハイキングセルフレスキュー・ビバーク訓練講習会の案内を掲載しました。
2019/4/25
2019年公開実践登山教室の案内を掲載しました。
2019/4/12
山の救急法の案内を掲載しました。
2019/4/12
6月の定例会は,6月18日(火)19時より町田市の町田市民フォーラムで開催されます。
2019/4/12
5月の定例会は,5月21日(火)19時より町田市のまちだ中央公民館ホールで開催されます。
2019/4/12
4月の定例会は,4月16日(火)19時より町田市のまちだ中央公民館ホールで開催されます。